FXの移動平均線(MA)とは?使い方やおすすめの期間設定をわかりやすく解説!

移動平均線

FXの移動平均線は、テクニカル分析の中でも基本的な分析手法で、多くの人に使われています。

FXだけではなく、株式相場や他の様々な金融商品の分析にも活用されています。

移動平均線の使い方を理解すると、FX初心者の方でもトレードに活かすことができます。

この記事では、移動平均線の意味や使い方、おすすめの設定期間について、基礎知識から解説していきます。


FXの移動平均線とは?

移動平均線

FXの移動平均線とは、一定期間の終値の平均値を線で結美、チャートに表したものです。

移動平均線を見ることで、相場のトレンドが確認でき、売り買いのサインとして使用することができます。

移動平均線には、単純移動平均線、加重移動平均線、指数平滑移動平均線など、複数種類があります。

この記事では、一番基本的な単純移動平均線について解説します。

移動平均線は、MA(Moving Average)とも呼ばれています。


FXの移動平均線からわかること

移動平均線は、相場のトレンドの方向性や強弱を分析するインジケーターです。

移動平均線で「相場が上昇傾向なのか?下落傾向なのか?」という傾きを見ることで、トレンドの勢いを視覚的に確認することができます。

また、複数の異なる設定値の移動平均線ローソク足と組合せて、売りや買いのタイミングを判断する際にも使用されます。

「FXのローソク足とは?ローソク足の基礎知識や見方、種類」はこちら


FXの移動平均線の計算方法

移動平均線の計算方法は、以下のようになります。


例:5日移動平均線の場合

その日を含めた過去5日間の終値を合計し、日数の5で割って平均した数値を1日ごとに計算する。

そして、それらの数値を線で繋ぐ。



FXの移動平均線の使い方は?移動平均線の分析判断で見るポイント

ポイント

移動平均線の使い方について解説します。

移動平均線の分析判断で見るポイントは、向きと角度です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。


1.移動平均線の向き:トレンドの方向性

移動平均線の向きでトレンドの方向性がわかるので、それによって取引方法が変わってきます。

【上昇トレンド】

上昇トレド
  • 買いポジションを取る

  • 移動平均線は、サポートラインとして機能している



【下降トレンド】

下降トレンド
  • 売りポジションを取る

  • 移動平均線は、レジスタンスラインとして機能している


【横ばい】(レンジ相場)

横ばい
  • 取引の様子を見る



2.移動平均線の角度:トレンドの強弱

移動平均線の角度で、トレンドの強弱を確認することがきます。

  • 角度が急→トレンドが強い

  • 角度が緩やか→トレンドが弱い



移動平均線のおすすめ期間設定は?

おすすめ

移動平均線を使用するには、何日間の終値の平均値を使用するのか設定が必要です。

移動平均線のどの期間を使用するかは、トレーダーによってそれぞれ違います。

FX初心者の方は、「移動平均線の数値はどれが一番いいのかわからない」という方が多いのではないでしょうか?


その場合は、以下の設定数値がおすすめです。

  • 短期移動平均線:15または25

  • 中期移動平均線:50または75

  • 長期移動平均線:100または200


短期・中期・長期の数値の中から、一つずつ選択しましょう。


ゴールデンクロスとデッドクロスとは?

ゴールデンクロスとデットクロスとは設定期間が異なる2本の移動平均線を使い、相場の反転を見る分析手法です。

2本の移動平均線の位置関係から、トレンドの変化を確認することができます。

また、売買シグナルとして利用することも可能です。


ゴールデンクロス

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線長期の移動平均線を下から上に抜けることです。

ゴールデンクロスでは、「トレンドが上向きに転じた」と捉えることができるため、買い注文に備えましょう。

ただし、買いに適したタイミングは、必ずクロスするタイミングとは限らないので注意が必要です。


デッドクロス

デッドクロス

デッドクロスとは、ゴールデンクロスとは逆に、短期の移動平均線長期の移動平均線を上から下に抜けることです。

デッドクロスの場合は、「トレンドが下向きに転じた」と捉えることができるため、売り注文に備えましょう。

ただし、ゴールデンクロスと同様に、売りに適したタイミングは、必ずクロスするタイミングがとは限らないので、注意が必要です。


他のテクニカルインジケーターと併用する方法は?

チャート

移動平均線だけを使用して、トレードを行うとダマシに合う場合があるので、他のテクニカルチャートと併用されることが多いです。

例:移動平均線の分析でゴールデンクロスが出たら、買いのサインと言われいるので、移動平均線のみを信じて買いエントリーをした

相場が下がり損をしてしまった


ダマシに合わないために、MACDボリンジャ―バンドなど、他のテクニカルチャートと組み見合わせて使用することをおすすめします。

移動平均線を使った分析方法の中には、移動平均線と値動きの位置関係に注目した「グランビルの法則」などがあります。


「FXのグランビルの法則とは?8つのチャートパターンの見方」はこちら!



 「FXの移動平均線(MA)とは?使い方やおすすめの期間設定」のまとめ

この記事では、FXの移動平均線基礎知識や使い方、おすすめ期間設定について解説しました。

FXにおいて、移動平均線は、世界中のトレーダーに最もよく使用されているテクニカルインジケーターです。

この記事の内容を理解し、習得していくことで、トレードの精度を高めていくことができるでしょう。

FXの移動平均線には、設定数値の異なる複数の組み合わせや、他のインジケーターとの組み合わせなど、様々な使い方があります。

基本をマスターしてトレードに活用していきましょう。