MT4やMT5のチャートが動かない時の原因と対処法は?初心者向けにわかりやすく解説!

トラブル

「MT4やMT5チャートが動かなくなって困った」という経験はありませんか?

このような場合は、原因や適切な対処法を知っておくことで、落ち着いて対応することができます。

この記事では、 MT4やMT5のチャートが動かない時の原因と対処法をFX初心者の方向けにわかりやすく解説します。

この記事を読み進めて、いざという時に慌てずにすむように理解を深めていきましょう!

MT4やMT5が正常に動いている時の表示は?

MT4トラブル

MT4が正常に動いているときは、上の画像のようにチャートが正常に表示されます。

チャート画面の右下に「〇〇〇.〇〇ms」もしくは「〇〇〇/kb」と通信速度が表示されます。

通信速度が「0/0」や「回線不通」、「無効な口座」と表示される場合は正常に動いていないので注意が必要です。

また、通信速度が表示されていても次のような場合はMT4が正常に動いていません。

  • 応答しない

  • 画面が真っ白

  • クリックしても反応しない


この場合は、通信速度とチャート画面を確認しましょう。


MT4やMT5が動かない原因は?

MT4やMT5が動かない原因は、主に8つの原因が考えられます。

  1. ログイン情報に間違いがある

  2. デモ口座の利用期限が切れている

  3. 口座開設時に選択したプラットフォーム( MT4/MT5)を間違えている

  4. 口座が凍結・休眠状態になっている

  5. 間違った通貨ペアを選択

  6. リアル口座の手続きの有効化が完了していない

  7. インターネット環境に問題がある

  8. MT4のバージョンが古い



1つずつ順番に見ていきましょう。

1. ログイン情報に間違いがある

MT4トラブル

1つ目の原因は、 ログイン情報に間違いがある場合です。

通信速度のところが、「回線不通」や「無効な口座」と表示されている場合は、ログイン情報の入力が間違っていてログインできていない可能性があります。

<対処法>
もう一度、ログインIDやパスワード、サーバーを確認してみましょう。


*通常MT4のログインに必要なものは、次の3つです。

  • ログインID

  • パスワード

  • サーバー



2.デモ口座の利用期限が切れている

MT4トラブル

2つ目の原因は、 デモ口座の利用期限が切れている場合です。

デモ口座を使っていて、回線不通になっている場合、「デモ口座」の利用可能な期限が切れていることがあります。


<対処法>
デモ口座の利用期限は、FX会社によって異なるので、確認してみましょう。


FX会社によっては、利用回数に規定がある場合もあるので、事前に確認しておくと安心です。



 3.口座開設時に選択したプラットフォーム(MT4/MT5)が間違っている

3つ目の原因は、口座開設時に選択したプラットフォーム(MT4/MT5)が間違っている場合です。

FX会社によって、口座開設の申し込み時に、使用するプラットフォーム(MT4/MT5)を選択する項目があります。

その場合は、申し込み時に選択したプラットフォームしか使うことができません。

<対処法>
申し込んだ口座を、もう一度確認してみましょう。



申し込んでないプラットフォームを起動させていた場合は、もう一度、申し込んだプラットフォームをインストールしましょう。



4.口座が凍結・休眠状態になっている

4つ目の原因は、口座が凍結・休眠状態になっている場合です。

長期間、取引を行っていない場合やペナルティを受けた場合は、口座が凍結したり、休眠状態になったりすることがあります。

その場合、MT4やMT5にログインしても「回線不通」や「無効な口座」と表示されます。

<対処法>
FX会社のマイページなどで口座状況を確認するか、問い合わせてみましょう。



長期間、口座を放置して凍結や休眠状態になっている場合は、サポートに問い合わせると対応してもらえる場合もありますが、口座再開が難しい場合は、もう一度口座を開設する必要があります。



5.間違った通貨ペアを選択

MT4トラブル

5つ目の原因は、間違った通貨ペアを選択(対応していない通貨ペア)している場合です。

MT4やMT5の通信速度は表示されているのに、チャート画面が「アップデート待機中」と表示される場合は、その口座タイプに対応していない通貨ペアを選択している可能性があります。

FX会社が提供しているMT4やMT5の中には、FX会社が取り扱う通貨ペアのみが表示される場合もあります。

<対処法>
MT4やMT5のチャートに表示させようとしている通貨ペアが、口座タイプに対応しているか確認してみましょう。



6. リアル口座の有効化が完了していない

6つ目の原因は、リアル口座の有効化が完了していない場合です。

口座を開設して、初めてMT4やMT5を起動すると「無効な口座」と表示されることがあります。

FX会社によっては、本人確認書類を提出する前にMT4やMT5を起動した場合に表示されることがあります。

<対処法>
すぐに本人確認書類を提出しましょう。


(本人確認書類が受理されるまでに数日程度かかる場合もあります。)



7. インターネット環境に問題がある

7つ目の原因は、インターネット環境に問題がある場合です。

MT4やMT5の通信速度の表示が「回線不通」になっている場合、インターネット環境に問題が起こっている可能性があります。

<対処法>
インターネット環境に問題がある場合、無線(WIFI)ではなく有線にする方がよいでしょう。


FX会社のサーバーが原因の場合は、公式サイトでサーバートラブルの情報が掲載されたり、登録しているメールアドレスにサーバートラブルのお知らせが来たりすることもあります。

すぐにサーバートラブルが原因かどうか知りたいときは、ツイッターで同じようなトラブルの口コミがないか検索して確認できる場合もあります。


8.MT4のバージョンが古い

8つ目の原因は、MT4のバージョンが古くて動かない場合があります。

<対処法>
MT4のバージョンが古い場合は、新しいバージョンのMT4をダウンロードしてインストールしてみましょう。


FX会社が提供しているMT4の場合は、FX会社の公式サイトからMT4をダウンロードします。

すでにMT4をインストールしている場合でも、新しいMT4をダウンロードしてインストールするとバージョンが更新されます。


「MT4やMT5のチャートが動かない時の原因と対処法は?初心者向けにわかりやすく解説!」のまとめ

この記事では、 MT4やMT5のチャートが動かない時の原因と対処法を、FX初心者の方向けにわかりやすく解説しました。

< MT4やMT5が動かない原因>

  1. ログイン情報に間違いがある

  2. デモ口座の利用期限が切れている

  3. 口座開設時に選択したプラットフォーム( MT4/MT5)を間違えている

  4. 口座が凍結・休眠状態になっている

  5. 間違った通貨ペアを選択

  6. リアル口座の手続きの有効化が完了していない

  7. インターネット環境に問題がある

  8. MT4のバージョンが古い



MT4やMT5のチャートが動かないと焦ってしまうかもしれませんが、よくあるトラブルは原因を知ることで、対策を考えることができます。

この記事を参考に、チャートが動かないトラブルに落ち着いて対処していきましょう。