FXでの三角持ち合いとは?エントリーポイントと上手く使うコツをご紹介!

チャート

FXトレードで三角持ち合い(三角保ち合い)は、よくあらわれるチャートパターンです。

発見できれば高確率で勝てるトレーダーに人気のある分析手法でもあります。

三角持ち合いついての知識を吸収すれば、FXでのトレードスキルは格段に向上します。

この記事では、FXでの三角持ち合いとはどんなものかエントリーポイントと上手く使うコツについて、初心者の方にもわかりやすく紹介していきます。


FXの三角持ち合いとは?

三角持ち合いとは、高値と高値を結んだトレンドラインと安値と安値を結んだトレンドラインが収縮してぶつかり、三角形になるチャートパターンのことを言います。

 

三角持ち合いのチャートパターン

ブレイクの方向性

均衡型

上昇トレンドライン + 下降トレンドライン

未定

上昇型

上昇トレンドライン + レジスタンスライン

高確率で上昇へ

下降型

下降トレンドライン + サポートライン

高確率で下降へ


一つずつ解説していきます。


1.均衡型

三角保ち合い

均衝型は、上昇トレンドラインと下降トレンドラインで作られるパターンです。

高値が少しずつ切り下がり、安値もだんだんと切り上がっていきます。

このパターンは、買いと売りのせめぎ合いが激しく、その後ブレイクする方向がわかりません。

よって、様子見が必要となります。


2.上昇型

三角保ち合いの上昇型

上昇型は、安値が切り上がっていく上昇トレンドラインと、レジスタンスラインにより、だんだん値幅が狭くなり、三角形を作っていくパターンです。

買う勢いが強くなることで起こるので、上にブレイクする確率が高くなります。

上昇へのブレイクに備えておきましょう。

なお、必ず上にブレイクするわけではないので、注意は必要です。


 3.下降型

三角保ち合いの下降型

下降型は、高値が徐々に下がっていく下降トレンドラインと、安値のサポートラインによって、少しずつ値幅が狭くなり、三角形を作っていくパターンです。

売り勢力が強いために起こるので、下にブレイクする確率が高くなります。

下降へのブレイクに備えておくといいでしょう。


 FX三角持ち合い時のエントリー手法2つ

三角持ち合いのチャートパターンを見つけた場合、どのようにエントリーしていくのか、次に2つのパターンを紹介します。

  1. ブレイクを狙う

  2. ブレイク後の押し目を狙う



 1.ブレイクを狙う

一つ目は、ブレイクする方向に素直に従ってエントリーする方法です。

三角持ち合いのもみ合いは、最終的にはブレイクする場合が多いので、ブレイク方向を狙ってエントリーしていきます。

大きなブレイクの場合は、初動に乗ると大きな利益を狙っていくことができます。



2.ブレイク後の押し目を狙う

もうひとつの手法は、ブレイク後の戻りを待ってからエントリーする方法です。

ブレイクがダマシの場合、損切りとなってしまう場合もあります。

そのため、押し目戻り目を待ってから、エントリーすると、ダマシにあいにくくなり、一番低リスクで、大きな利益を狙うことが出来ます。


FX三角持ち合いを上手に使う4つのコツ

FX三角持ち合いを上手に使う4つのコツをご紹介します。


  1. きれいな形の三角持ち合いを選ぶ

  2. 上位の時間足のトレンドに順張りであること

  3. OCO注文を使う

  4. 大小の三角持ち合いを使い分ける


1.きれいな形の三角持ち合いを選ぶ

きれいな形の三角持ち合いは、大勢のトレーダーが注目しているため、大きなブレイクになりやすい傾向があります。

きれいな波形を描いている三角持ち合いを選ぶとことで、大きな利益に繋がります。


 2.上位足のトレンドに順張りであること

三角持ち合いのブレイクしそうな方向と、上位足のトレンドが同じ方向であれば、根拠が増えて信頼度の高いトレードができます。

上位足のトレンドも確認しましょう。


 3.OCO注文を使う

OCO注文を使うことで、損失を限定した取引できるようになります。

OCO注文であれば損切り注文も同時に出せるので、リスクを抑えたトレードができます。


4.大小の三角持ち合いを使い分ける

時間足によって、大小さまざまな三角持ち合いができていきます。

短期取引であれば、小さな時間足での三角持ち合いを利用するのもおすすめです。

自分自身のトレードスタイルに合わせて、パターンをうまく活用していきましょう。


三角持ち合いを使う際の注意点

チェック

三角持ち合いを使う際の注意点をご紹介します。

スキャルピングの場合

スキャルピングでは、相場が荒れている時には、勝率が下がるので気をつけましょう

特に経済指標発表時などの値動きが激しい相場では、価格が乱高下して、損切り幅が狭いスキャルピングには向いていません。

経済指標や要人発言などのイベント前後はトレードを控えましょう。


 デイトレではダマシに注意

デイトレやスイングでトレードしている人は、ブレイクのダマシに遭いやすくなるので注意しましょう。

長い時間足では、ローソク足確定までに時間がかかり、ブレイクかと思ったらヒゲで戻されたりなど、ダマシにあうことがあります。

ブレイクしたことをしっかりと見極めてから、エントリーするなど注意が必要です。


他のインジケーターとの併用

三角持ち合いを相性が良い指標が、ボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドは、トレンドの発生を見つけたり、ブレイクするポイントを教えてくれたりする指標です。

三角持ち合いの手法と組み合わせることで、より根拠のあるエントリーができるのでおすすめです。


「 FXでの三角持ち合いとは?エントリーポイントと上手く使うコツ」のまとめ

FXでの三角持ち合いとはどんなものなのかエントリーポイントと上手く使うコツについて、紹介しました。

三角持ち合いのトレードは、トレーダーに人気の手法です。

これらの知識を取り入れて、FXのトレードに活かしてしていきましょう。