FXの窓とは?窓開きと窓埋めを解説!

窓

「FXの窓って何だろう?」「なぜ起こるのか?」と疑問を持ったことはないでしょうか?

この記事では、FXの窓について、基礎知識、窓が開く理由、窓埋目手法について解説していきます。


 窓とは?

窓開け

「窓」とは、レートが大きく乖離した状態(窓開け)を言います。

通常は、ローソク足は連続した値動きを表したものなので、隣同士が大きく離れることはありません。

ところが、月曜日の朝には、価格に開きがあるチャートをよく見かけます。

この離れた状態から、また先週の金曜日の価格まで戻った状態を「窓埋めと言います。

窓埋めを上手に使いこなせれば、大きな利益につなげることができます。


窓が開く理由

窓開け

FX市場が閉まっている間、取引は月曜日の朝まで止まっています。

普通は、売り買いはできませんが、一部の国では、曜日の違いから、取引が続いている場合があります。

その間に大きなニュースがあったり、大口取引があると、価格が大きく動いてチャートに窓が開くことになります。


「窓埋め」が注目される理由

窓開けと窓埋め

月曜の朝に大きく開いた窓は、その後しばらくすると価格が反動して窓を埋めるように動くことがよくあります。

そのため、多くのトレーダーに注目され、「窓埋め」が成功する確率は、80%と言われています。


月曜の窓が埋まる3つの理由

理由
  • 窓埋めを確信したトレーダーがエントリーする

  • ポジションを持ち越したトレーダーの利確する

  • ポジションを持ち越したトレーダーの損切りする


開いた窓が埋まる事を期待した、多くのトレーダーが、逆張りエントリーします。

その結果として、窓が閉まる方向に価格が動くことになるでしょう。

また、ポジションを持ち越したトレーダーたちの利確や損切により、窓とは逆のトレンドが出来上がることになります。


効果的な「窓埋め」手法は?

メソッド

基本的には「窓埋め」の手法に関しては、窓とは逆方向のポジションでエントリーすればよいということになります。

「窓埋め」に失敗しないために、以下の3点に注意しましょう。

  • 金曜日にポジションを全て解消しておく

  • 必ずストップロスを入れる

  • 月曜の朝他のFX業者よりも早く取引ができる口座を選ぶ



金曜日中にポジションを全て利確する

なるべく週末に全てのポジションを解消しておくことをおすすめします。

それにより、月曜日の窓開けのリスクを回避し、スタートと同時に「窓埋め」を効果的に活用することができます。

窓埋めのトレードのためにいつでもエントリーできるようにしておきましょう。


必ずストップロスを入れる

「窓埋め」が高確率で成功するといっても、投資の世界に絶対はありません。

ストップロスを入れて、必ずリスクヘッジをしておきましょう。


 月曜早朝から取引ができる口座を選ぶ

ほとんどのFX業者が朝7時から取引が可能ですが、朝6時から取引できるFX業者もあります。

月曜朝の取引開始時間が早くて、「窓埋め」手法におすすめ口座は、以下のとおりです。

  • ヒロセ通商

  • JFX

  • OANDA Japan



「FXの窓とは?窓開きと窓埋め」のまとめ

ここまでFXの窓について、基礎知識、窓が開く理由、窓埋目手法について解説してきました。

月曜の窓埋めのみを狙ったトレーダーも多くいるそうです。

FXトレードにおいて、高い確率で成功すると言われている「窓埋め」手法なので、ぜひ活用してみましょう。